ブログトップ

book S

lion5.exblog.jp

<   2007年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「敵意ある病院」

b0094037_1844617.jpgレモニー スニケット :作/宇佐川 晶子:訳

「世にも不幸なできごと」シリーズ#8

前巻で、一安心したものの…。殺人の濡れ衣をきせられたボードレール3姉弟妹。
もう、まわりも敵だらけで、自力でなんとかするしかない。
忍び込んだ、図書館で火事と両親にまつわる謎が…。


4巻、5巻、と感想を書き、6巻は途中で飛ばし、7巻を読み終え、とうとう第8巻目です。
…どうやら6巻、飛ばしちゃいけなかったようです。
シリーズはちゃんと読まなくちゃ駄目ですね。

今回は、ヴァイオレット最大のピンチ!!でした。
オラフの仲間ほとんど全員集合していたようですが、一巻から読んでいないので、ちょっと想像しずらかった。
毎回思うのは、言葉遊びや、ブラックユーモアが原文で読めたら良いのにな~
と、いうこと。面白さも大分違う気がする。今回も「アナグラム」という遊びがでてきてました。

 段々、回を追うごとに不幸です。
今度こそ、「VFD」の真実が解るかもしれない。

ストップで、本当に読むのをやめたくなったのは、今回が初めて。
でも、まだまだ続くようなのでストップできないでいます。
[PR]
by d-lion5 | 2007-04-25 23:11 | juvenile(YA)

「海辺のカフカ」上下

b0094037_0282292.jpgb0094037_0282224.jpg村上 春樹: 作/ 新潮社 初版2002

「海辺のカフカ上」は、「下」で一つにまとまるための序章・・・。
繋がるためのヒントが幾つも散りばめられていて、次のページへ早く行きたい という思いに駆られます。

15歳の少年 田村カフカくんと、空っぽになってしまったナカタさん。
その二人の話が同時進行で語られます。

ナカタさんの章の方が読んでいて面白かったです。ホシノくんがいなかったらどうなっていたことか。良いスパイスでした。
田村カフカくんは、15歳とは到底思えない人物で、その辺りでなかなか理解しずらかった。
結局の所、謎は謎のまま終了。

村上春樹作品は、いつも私に後ろ髪を引かせます。
謎。

それが、村上作品のポイント。
[PR]
by d-lion5 | 2007-04-15 17:36 | novel

「おふろじゃおふろじゃ―バスタブ王ビドグッド」

b0094037_14165028.jpgオードリー・ウッド:作/ ドン・ウッド:絵/江國 香織 :訳 ビーエル出版 初版1993

お風呂から出てこないんです。王様が。
出てこないから、困ってるんです。小姓が。
それで、王様を説得しようと頑張るんです。宮廷の皆が。

文章も、私の好きな「くりかえし」を含んだ文体で、
やっぱり
なんといっても 絵 がかなり決めての絵本です。
何回でも観たくなります。

…何故王様がお風呂からでてこないのか?
それは解決されていませんが。
とにかくお風呂では何でも出来るんです。

絵の隅々まで注目。
小姓に注目。
[PR]
by d-lion5 | 2007-04-09 21:12 | picture