ブログトップ

book S

lion5.exblog.jp

<   2006年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

already

「ひとりぐらしも5年め」たかぎなおこ
「キノの旅Ⅲ―The beautiful world」時雨沢 恵一
「すいかの匂い」江國香織(再読)
[PR]
by d-lion5 | 2006-09-30 18:00 | (memo)

「江國香織 とっておき作品集 」

江國 香織:作/マガジンハウスb0094037_17372523.jpg

短編とか、父江國滋氏による「香織の記録」とか、妹晴子氏が語る香織「夢日記」とか…
江國香織が沢山つまった作品集です。

江國好きが読む本かなーと、思います。

彼女が書くエッセイではわからない、 妹からの目線で江國香織氏をみれるのは
なかなか ファンとしては見ごたえがあると思います。


収録作品紹介(※アマゾンから転写!!)
1)409ラドクリフ
「私」のアメリカ留学の日々を描く瑞々しい恋愛小説。フェミナ賞受賞の記念すべき処女小説。(写真・大野晋三)
2)放物線
ある日、大学時代の仲間たちが集まった。昼下がりの幸せな時間を切り取った傑作短篇。(絵・唐仁原教久)
3)ビートルズ訳詞集
ビートルズは、偉大な詩人。名曲三篇を軽やかな日本語で楽しむ(原文付)
4)九月の庭
鳥になりたいおじいさん、究極の紅茶入れ女、ピアノになったおばさん……おかしな家族をめぐるファンタジー(絵・玉村敬子 カラー)
5)があこちゃん
なほちゃんは、あひるのがあこちゃんが大好き。ちょっと怖い不思議なメルヘン。(絵・川上隆子 カ ラー)
6)夜と妻と洗剤
妻が必要とするものはみんなコンビニにある。奇妙な味のショート・ショート。(絵・山本容子 カ ラー)
7)物語の復権
物語をうまく「語る」というのは、私の野望です。ロング・インタビュー。
8)とろとろ
彼と私のとろとろの恋、とろとろの日々、とろとろの人生……官能的な短篇集。(絵・宇野亜喜良)
9)ラブ・ミー・テンダー
熱愛しているエルヴィスからの電話を、母は毎晩待っている。異色短編。(絵・唐仁原教久)
10)『夢日記』江國睛子
姉ほど「おかしな夢」を見る人を私は知らない……妹が描く初公開エッセー。
11)ぬるい眠り
ぬるい昼寝のように混沌とした夏と、狂おしい恋の終わりを描く見事な中篇小説。(絵・松尾たいこ)
12)『香織の記録』江國滋
娘の誕生から六歳までを克明に記録した愛情あふれる成長日記、初公開。
13)夕闇の川のざくろ
ビーフシチュウの匂いがただよう台所で、不思議な物語がはじまる。傑作絵本をオールカラーで完全収録。(絵・守谷恵子)

[PR]
by d-lion5 | 2006-09-27 20:40 | s.story

「球形の季節」

b0094037_2144890.jpg恩田陸:作 新潮社

初めて読んだ、恩田作品です。
面白かったです。

閉鎖的な街「谷津」を舞台に、起こる…ホラー?
退屈な日常に、学生間で立つ噂が現実になってしまったり…

「噂」って、結局は「噂」で終ってしまうものなんだけど(と、思っているんですが)
この物語では、噂が現実になってしまう。
じわじわくる、怖わさがあったし。
みのりちゃんの感じる不安が共感できました。
変わりたいけど、変わりたくない。退屈だけど、このままがいい。そういう思いも。

でも、最後どうなって「完」となったのかよくわかりませんでした。
と、いうか…最後どころか終始なんだかよく解らずでした。
面白かったんですけど。

恩田作品、別のも読んでみたいです。
[PR]
by d-lion5 | 2006-09-14 21:05 | novel

クリストファーの魔法の旅―大魔法使いクレストマンシー

ダイアナ・ウィン ジョーンズ:作/田中 薫子:訳/ 佐竹 美保:絵

b0094037_1834783.jpg
[PR]
by d-lion5 | 2006-09-14 20:40 | juvenile(YA)

ICO

宮部 みゆき:作/講談社
b0094037_17415672.jpg
[PR]
by d-lion5 | 2006-09-14 20:40 | novel

まやかしエレベーター

レモニー スニケット:作/宇佐川 晶子:訳/ 草思社
b0094037_0451680.jpg
[PR]
by d-lion5 | 2006-09-14 20:40 | juvenile(YA)

「本が好き!」

b0094037_23214387.jpg光文社から出ている…
これは…雑誌になるんでしょうか?
冊子でしょうか??
ちょっと解らないです。

A5サイズの気軽に読める本です。

しかも、価格は100円です。
ただ、私の行く本屋さんでは「Free take !」となっていて。無料です。
まだVol3の若い雑誌です。

色んな分野の、色んな人の、色んなことが、色々と書かれています。
『カラフルブック』と命名したいくらいです。

読書傾向が、偏りがちな私ですが、この本を読むことによって
今まで見向きもしなかった「この人の本(音楽etc)気に留めてみようかな」と思うことが出来、新境地が開けます。
しかも
かなり気楽なお値段と薄さで。

本が好き!


9/13追記
基本はフリーペーパーだそうです。
定期購読の場合のみ、一冊100円だそうです。
[PR]
by d-lion5 | 2006-09-04 18:11 | other

on one's way

「球形の季節」恩田陸
「江國香織」江國香織
「そして五人がいなくなる」はやみねかおる
[PR]
by d-lion5 | 2006-09-01 17:45 | (memo)