ブログトップ

book S

lion5.exblog.jp

<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

already

「真夜中の騎士」赤川次郎
「クレオパトラの葬列」赤川次郎
「こうえんで…4つのお話」アンソニー ブラウン
「旅するベッド」ジョン・バーニンガム
「どうぶつに ふくを きせてはいけません」ジュディ バレット
「安楽椅子の探偵たち」赤木 かん子 (編集)
「鼻のこびと」ヴィルヘルム ハウフ
[PR]
by d-lion5 | 2006-06-30 23:59 | (memo)

都会のトム&ソーヤ①

はやみね かおる:作/にし けいこ:絵/講談社
b0094037_2344396.jpg
はやみねかおる。はやみねかおる?はやみねかおる!
何処かで聞いたことがあるなと思っていたら
NHKドラマ「双子探偵」の原作者。
ドラマを鵜呑みには出来ませんが、面白かった記憶があったので読んでみました。

そしてずっと気になっていた「YA」という分野の作品です。
(背表紙にちゃんと「YA!」と表記されています。)

自分を平凡と言いながら、祖母譲りのサバイバル術を使いこなすナイト
と、頭が良くて、金持ち(インテリ)、多少性格悪しのソーヤ。
そんな中学生二人組みを中心に起こる「都会」での大冒険!
といった感じの内容です。

『そして気がつくはずだ。
ぼくたちは、いつだってトム・ソーヤだってことに』

わりと厚めの本ですがスラスラ読めます。
ナイトのサバイバル術に「目ウロコ」です。彼のおばーちゃんという人のエピソードをもっと期待してしまいます。

「栗井栄太」を見つけるまで、このシリーズは続く模様。
読んでしまったからには…是非会いたい。
このシリーズに付き合いたくなってしまいました。

YA…良いですね。
[PR]
by d-lion5 | 2006-06-24 00:00 | juvenile(YA)

ふしぎな図書館

村上 春樹 :作/佐々木 マキ:絵/ 講談社
b0094037_1759994.jpg
図書館はいつもよりずっと しんとしていた。

本を探しに図書館に行った少年が、老人に騙されて牢屋に閉じ込められる。
本を読ませて脳みそいっぱいにして、その脳みそを老人が吸い取る…んだとか。
牢番人には「羊男」が…。そして幻の美女。
羊男と脱獄の計画をたてる…。

村上春樹における「羊男」ってなんなんでしょう?
いままで読んだきた村上作品にちょくちょく出演してきますが…

話自体は…絵本のようでもありますが、子供のためではなさそう。
ちょっと怖かった。
という感想です。
[PR]
by d-lion5 | 2006-06-14 18:00 | novel

キノの旅―The beautiful world

時雨沢 恵一:作/黒星紅白:絵/電撃文庫

b0094037_0362284.jpg本当は、juvenile(YA)のカテゴリになるのかもしれませんが、短編に変わりは無いのでs.storyのカテゴリに分類しました。

旅人キノと、喋る単車エルメスが 訪れる国での「起こっていること」と「起きたこと」を、淡々と語っています。

キノとエルメスが語り手、ということ以外、一つ一つの物語(国)に、繋がりはありません。
 そのことが、かえって一つの話に重み…というかが、感じられます。

何一つ「結果」がなくて、読み終えても後ろ髪を引かれる思いです。

今現在8巻まで出ているので…
シリーズとして読み続けたいな。と思う作品です。
[PR]
by d-lion5 | 2006-06-04 23:01 | s.story

on one's way

「クレオパトラの葬列」赤川次郎
「まやかしエレベーター」レモニー スニケット
「クリストファーの魔法の旅」ダイアナ・ウィン ジョーンズ
「球形の季節」恩田陸
「キノの旅Ⅱ―The beautiful world」時雨沢 恵一
[PR]
by d-lion5 | 2006-06-01 23:02 | (memo)