ブログトップ

book S

lion5.exblog.jp

<   2005年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

おしおきの寄宿学校

b0094037_21191023.jpgレモニー スニケット :作/宇佐川 晶子:訳

「世にも不幸なできごと」シリーズ#5

またもや、次の後見人のところへ…今回は行かずに、寄宿学校へ入れられてしまうボードレール3姉弟妹。
ここでは、二人の三つ子という親友ができます。
はじめて、同年代の子供と仲良くなれます。それだけが唯一の救い。
今回もやっぱり不幸です。
でも、いままでと違って話は確信に向いているんじゃないかと思います。
謎の言葉や、スニケットが語る言葉にも、これからさらに深まるであろう謎が隠されているようです。

それにしても、毎回毎回大人たちはオラフ伯爵の侵入になんでこんなにも鈍感なんだ??
そして、子供の言う事を信じないんでしょう??
最新のコンピューターだって役に立たないし。

面白かった。というより、早く続きが読みたくなる…
[PR]
by d-lion5 | 2005-11-23 20:06 | juvenile(YA)

「残酷な材木工場 」

b0094037_21195860.jpgレモニー スニケット :作/宇佐川 晶子:訳

「世にも不幸なできごと」シリーズ#4

この作品は先に映画を観ました。
その内容は、#1、#2、#3になっているので、その続き。
#4「残酷な材木工場」を手にしたしだいです。

映画が良かったので続きが読みたくて読みたくて!
とりあえず今出ている巻まで読んだら、ちゃんと最初から読もうと思っています。

原因不明の火事で両親を失ったボードレール家の三人姉弟妹
彼らの遺産を狙ってオラフ伯爵が迫り来る!
彼から逃げつつ、後見人をたらいまわしにされる彼らの運命は…
不幸が待つばかり…

といった感じのシリーズです。

不幸不幸不幸ばっかりです。死人も毎回でているし
フィルの言葉を借りれば「生きてるだけで幸せ」なんでしょうが…
この「ラッキースメルズ材木工場」で働いている人達もボードーレール家三姉弟妹と負けないくらい不幸です。
今回後見人があんまりいい人じゃなかったので…さらに不幸かな。
なにしろ続きが気になる作品です!

映画のクラウスは眼鏡かけてなかったけど?
映画で続編はないかなー…淋しい。
今回クラウスの眼鏡がキーポイントになるんです
[PR]
by d-lion5 | 2005-11-15 20:07 | juvenile(YA)

「ホテルカクタス」

b0094037_2121217.jpg江國香織:作/佐々木敦子:画

今まで読んだ、彼女の作品の中で一、弐を争うくらい好きな作品です。
読後感は、とてつもなく淋しかったけど。

「ホテル カクタス、というのが、このアパートの名前でした。
ホテルではなくアパートなのに、そういう名前なのでした。
そこに住む、帽子ときゅうりと数字の2の話。

大人版「ともだちはみどりのにおい」のような・・・つくりです。
 「音楽」の回にとても共感しました。帽子の言葉に脱帽です。
彼女得意の「日常」が際立っています。
帽子ときゅうりと2です!登場人物が!!
余計に想像力を使えます。

挿絵も素敵です。
[PR]
by d-lion5 | 2005-11-06 20:09 | s.story