ブログトップ

book S

lion5.exblog.jp

<   2005年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「水の中のふたつの月 」

b0094037_19505152.jpg乃南 アサ:作

小学生の頃の親友三人組。三人には秘密の誓いがあった・・。

私にの知っている、すきな感じの乃南 アサ氏作品でした。
子供のころエピソードと現在が交互にでてくるところが
じれったくて(いい意味)・・・。先へ先へとページを進ませました。

女友達ってこんなもの?という感想もありました。

最後の、小学生三人組がやっていることを想像すると怖いような、お伽話のような・・。

つづく感もいいです!
[PR]
by d-lion5 | 2005-03-24 21:23 | novel

「ユーモレスク 」

b0094037_1951257.jpg長野まゆみ:作

長野氏の作品と言えば、
難しい漢字や仮名遣いが魅力でもあり、私の読む速度を遅くさせる・・・力をもっていますが・・。
 この作品は今まで読んだ長野氏の作品とはちょっと違いました。
現代風です。女性が主人公です。

行方不明になった弟を思って過ごす日常・・。  ?

デパートのこととか(細かいことまで書かれていて良い)
♂♂のこととか
部屋の構造とか想像するの楽しかった。 等々
色んな要素が散りばめられていて、最後まで飽きませんでした。

反対に言えば、中心になるものが後半から違うものになってしまって、
あいまいに終ってしまいました。

しかし、弟は結局・・。ねー?
[PR]
by d-lion5 | 2005-03-18 21:24 | novel

「樹上のゆりかご 」

b0094037_1952414.jpg 荻原規子:作 

以前紹介した「これは王国のかぎ」の主人公が帰ってきました。

「これは王国~」の続編かな?と思って見ると・・全然違います。
学園ミステリー?

一度読んでみただけでは、共感できない場面や、不可解なところがあったので
また機会があれば読んでみたいです。


・・・純粋に「これは~」の続編が読みたかったのでちょっと残念です。
[PR]
by d-lion5 | 2005-03-13 21:25 | juvenile(YA)

「ジム・ボタンの機関車大旅行&ジム・ボタンと13人の海賊 」

b0094037_19524780.jpgミヒャエル・エンデ:作 

ミヒャエル・エンデを本で読んだ、最初の作品。

小学4年生。まだ、本に全然興味が無かった頃。
私の、祖母が贈ってくれたものです。
祖母が亡くなってから、はじめて読んでみました。

こんな素敵な本を贈ってくれた祖母に、感謝の言葉が言えなくて
・・・とても後悔しています。

ジム・ボタンの冒険 が二巻にわたって描かれています。
再読なのに面白くて、お風呂からでられませんでした。(約2時間)

ジムとルーカスの友情がとても心地良かった。
登場人物も魅力いっぱいだし。名前のつけかたも好き。
ピン・ポンとかww

ピンの都は本当に綺麗な所なんだと思います。想像出来なくて大変だったけど!
見かけ巨人の性質をもっと研究したいと思いました。

もう少し海の仲間の話を聞きたかったなぁ。
ハラハラするのは「ジム・ボタンの機関車大旅行」の方です。
「ジム・ボタンと13人の海賊」は安心納得、あー良かった。ですww

オススメの一冊。

[ ヤプログ!PR ]
[PR]
by d-lion5 | 2005-03-03 21:45 | juvenile(YA)