ブログトップ

book S

lion5.exblog.jp

カテゴリ:novel( 29 )

「仮面山荘殺人事件 」

b0094037_19545985.jpg 東野圭吾:作 

「8人の男女が集まる山荘に、逃亡中の銀行強盗が侵入した。
外部との連絡を断たれた8人は脱出を試みるが、ことごとく失敗に終わる。恐怖と緊張が高まる中、ついに1人が殺される。
だが状況から考えて、犯人は強盗たちではありえなかった。
7人の男女は互いに疑心暗鬼にかられ、パニックに陥っていった……。」

って・・・
この内容紹介読んだだけでドキドキします。

とってもとっても「やられた」結末です。
犯人が解ったあと、読み直しても面白く読めそうです。
[PR]
by d-lion5 | 2005-02-22 21:47 | novel

「白馬山荘殺人事件 」

b0094037_19561225.jpg 東野圭吾:作 

本屋さんで「次の東野氏の作品**どれにしようかな~」と物色していたところこれを発見しました。

裏表紙の解説にマザーグーズがなんとか・・ってあったのです。
マザーグーズは一時期はまったもの。すきなので、早速購入しました。

マザーグーズになぞられた暗号を解くというのがこの作品の主体です。

最初から、主人公のナオコとマコトの関係にやられました。
二転三転はさすが東野氏です。
ただ、暗号の解読のあたりはちょっと私には難しかったです。ムリヤリ???

この作品も、一気に読めて楽しかったです。 
[PR]
by d-lion5 | 2005-02-10 21:48 | novel

「流しのしたの骨 」

b0094037_19564352.jpg江國香織:作

この作品を読んでいて、羨ましさと憧れを感じました。
私の家族では絶対にありえない光景が、それを凄く強くしました。

同時に、私の友達の家族を思い出しました。
本当に、宮坂家とほとんど一緒です。
私はまるで「クリーニニング屋の娘」のような存在になります。

この家族が羨ましくて仕様が無いです。
[PR]
by d-lion5 | 2005-02-03 21:49 | novel

「薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木 」

b0094037_19595741.jpg江國香織 :作
多分…一年くらいかけて読み終えました。
何しろ読むペースが遅いのでそのくらいは、当たり前。

それにしても、飽きもせずこつこつと読み続けました。

9人か10人くらい登場人物がいてそれぞれ主人公です。
読み始めたころは、その微妙な関係を把握するのに苦労しました。
相関図をメモにして栞代わりにしていたくらいです。

「ふ~ん」という感想です。江國氏によくある作品、日常のこと。

読んでいるときは間違いなく私は 主人公になりきれていました。
[PR]
by d-lion5 | 2005-01-16 21:53 | novel

「どちらかが彼女を殺した 」

b0094037_19242565.jpg東野圭吾 :作

彼を知ったのはつい最近です。
「毒舌小説」という短編をちょっと(本当に一編「誘拐天国」だけ)読んで面白かったので、他の作品も読んでみよう。と、思い読みました。

この作品はそれとは全然違うミステリーですね!

読み終わったのに。
犯人が未だわからずです;;
巻末の袋とじを開封したのにもかかわらず、わかりません。
読み返してもわかりません;

主人公と一緒に行動出来て楽しいです!ハラハラです!
[PR]
by d-lion5 | 2005-01-09 20:01 | novel

「ポプラの秋 」

b0094037_192797.jpg湯本 香樹実 :作

私は、こんな存在の おばぁさん になれたら良いな、と思います。

どんな気持ちで、手紙を預かったのかな・
[PR]
by d-lion5 | 2005-01-07 19:26 | novel

「ミタカくんと私 」

b0094037_19304126.jpg作:銀色夏生

買って。うちまで待ちきれなくて
歩きながら読んだら電柱にぶつかった本。

そんくらい面白くて集中した。

ミタカくんて良い奴です。
並子の家族、面白いです。
近所にないかな?
[PR]
by d-lion5 | 2004-12-28 19:29 | novel

「羊をめぐる冒険 」

b0094037_19314576.jpg村上春樹:作

面白かった。
不思議な世界。
この人の作品をもっと読みたいと思った。
[PR]
by d-lion5 | 2004-12-27 19:30 | novel

「なつのひかり 」

b0094037_19352340.jpg江国香織:作

この物語を読んで私もウェイトレスをやってみようかな。
と、思った。
深夜のレストランのあの気だるさがすきだから。

また江国氏の不思議な世界に吸い込まれてしまいました。
再読。今年の夏も吸い込まれてみようと思います。
[PR]
by d-lion5 | 2004-12-24 19:34 | novel