ブログトップ

book S

lion5.exblog.jp

「びっくり館の殺人」

b0094037_20303062.jpg綾辻 行人:作 / 七戸優:絵 講談社 初版2006

初めての 綾辻行人 でした。
噂はかねがね聞いていた作家さんで、読みたいと思ってました。
で、初めてには一番良いのを選ぶことが出来た。
少年少女向けってことで、とても読みやすかったです。

<とある古書店で、たまたま手に取った一冊の推理小説。読みすすめるうち、謎の建築家・中村青司の名前が目に飛び込む。その瞬間、三知也の心に呼び起こされる遠い日の思い出…。三知也が小学校六年生のとき、近所に「びっくり館」と呼ばれる屋敷があった。いろいろなあやしいうわさがささやかれるその屋敷には、白髪の老主人と内気な少年トシオ、それからちょっと風変わりな人形リリカがいた。クリスマスの夜、「びっくり館」に招待された三知也たちは、「リリカの部屋」で発生した奇怪な密室殺人の第一発見者に!あれから十年以上がすぎた今もなお、事件の犯人はつかまっていないというのだが…。 >


‥“びっくり館縁起”の章、怖い‥この作品の中枢でした。もう一回じっくり読みたいです。
最後の語りも、怖い方へ、怖い方へと誘ってて誘いすぎててちょっと?と思いました。
最後も「びっくり」です。
 次は、作中に出てくる「迷路館の殺人」を読みたいと思います。


読み終わって、読み返したくなるミステリィの三冊目。
[PR]
by d-lion5 | 2007-07-25 21:53 | novel
<< 「おとなしいきょうりゅうと う... 「ようこそ魔界伯爵」 >>