ブログトップ

book S

lion5.exblog.jp

「風が強く吹いている」

b0094037_2262744.jpg三浦しをん:作 山口晃:絵 新潮社 初版

『…カケル、走るの好きか?』(某サッカーマンガ「トシ、サッカー好きか?」を思い出す。この漫画も先輩と後輩の話だったなぁ‥

「これは面白い…かも」と、心の隅が感じた時
フイに読むのを止めたくなるときがある。
もったいなくて続きが読めない。
この興奮と喜びと期待を 出来るだけ長く、 私の中に閉じ込めて
出来るだけ長く、この幸福感に浸っていたくなる。
でも
それに気づいたと同時に、この作品を読み終えたときの淋しさと虚無感のことを考えると
どうしようもなくなる。

この作品は、私を、久しぶりにこんな気持ちにさせてくれました。

私にとっては、厚い本に 短い! と思わせる、内容の濃さ。
読み手を飽きさせないリズムとユーモアに感動するばかり。

箱根駅伝を目指す、10人の軌跡。奇跡。
物語は、清瀬灰二と蔵原走が出会ったことからはじまる。
竹青荘の住人、陸上に無縁な仲間たちと目指す「箱根駅伝」

登場人物それぞれが生き生きしていて、良いです。
実写の映画に向いているストーリーだし、キャラクターだなぁと思いました。
個人的には、キングと似たところがあるので彼を応援してました。
でも、ハイジとカケルの友情(?)には勝るものなし。
気持ちのいい読後感です。

母の影響で、ここ数年箱根駅伝をみているので、舞台裏を見れたなぁというのもあって、役に立った作品。
確かに、注目選手か、首位争いの場面しかTVに映らないよなぁ‥。
デジタル放送になれば全大学の走りをみれるようになるのだろうか??

それと、山口晃氏のカバーのデザインも最高です。
なんども本を閉じてカバーを見返しました。
[PR]
by d-lion5 | 2007-06-25 13:04 | novel
<< 「小さな男の子の旅 ― ケスト... 読後感 のある本 >>