ブログトップ

book S

lion5.exblog.jp

「海辺のカフカ」上下

b0094037_0282292.jpgb0094037_0282224.jpg村上 春樹: 作/ 新潮社 初版2002

「海辺のカフカ上」は、「下」で一つにまとまるための序章・・・。
繋がるためのヒントが幾つも散りばめられていて、次のページへ早く行きたい という思いに駆られます。

15歳の少年 田村カフカくんと、空っぽになってしまったナカタさん。
その二人の話が同時進行で語られます。

ナカタさんの章の方が読んでいて面白かったです。ホシノくんがいなかったらどうなっていたことか。良いスパイスでした。
田村カフカくんは、15歳とは到底思えない人物で、その辺りでなかなか理解しずらかった。
結局の所、謎は謎のまま終了。

村上春樹作品は、いつも私に後ろ髪を引かせます。
謎。

それが、村上作品のポイント。
[PR]
by d-lion5 | 2007-04-15 17:36 | novel
<< 「敵意ある病院」 「おふろじゃおふろじゃ―バスタ... >>