ブログトップ

book S

lion5.exblog.jp

「流しのしたの骨 」

b0094037_19564352.jpg江國香織:作

この作品を読んでいて、羨ましさと憧れを感じました。
私の家族では絶対にありえない光景が、それを凄く強くしました。

同時に、私の友達の家族を思い出しました。
本当に、宮坂家とほとんど一緒です。
私はまるで「クリーニニング屋の娘」のような存在になります。

この家族が羨ましくて仕様が無いです。
[PR]
by d-lion5 | 2005-02-03 21:49 | novel
<< 「白馬山荘殺人事件 」 蛍、納屋を焼く その他短編 >>