ブログトップ

book S

lion5.exblog.jp

「ユーモレスク 」

b0094037_1951257.jpg長野まゆみ:作

長野氏の作品と言えば、
難しい漢字や仮名遣いが魅力でもあり、私の読む速度を遅くさせる・・・力をもっていますが・・。
 この作品は今まで読んだ長野氏の作品とはちょっと違いました。
現代風です。女性が主人公です。

行方不明になった弟を思って過ごす日常・・。  ?

デパートのこととか(細かいことまで書かれていて良い)
♂♂のこととか
部屋の構造とか想像するの楽しかった。 等々
色んな要素が散りばめられていて、最後まで飽きませんでした。

反対に言えば、中心になるものが後半から違うものになってしまって、
あいまいに終ってしまいました。

しかし、弟は結局・・。ねー?
[PR]
by d-lion5 | 2005-03-18 21:24 | novel
<< 「水の中のふたつの月 」 「樹上のゆりかご 」 >>